2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲を植える前の田んぼ一面に咲く「レンゲソウ(蓮華草)」
子供のころ、良くレンゲ畑で寝そべって雲を見てました~♪
中華料理などで、掬うときに使う「れんげ」の名は
その形が「蓮(はす)」の花びらに似ており
また「蓮」の花は「蓮華草」に似ているとの連想で「れんげ」と名づけられたらしい。

花言葉:私の幸福、心が和らぐ

*自選10句

・ムスカリやほっぺにつけるご飯粒

・軒下はいつも雨垂れ群雀

・一人静急ぎ飛び乗る単線路

・かえる子や夕闇迫る蝌蚪の池

・蘖や産まぬ卵を温める    *蘖(ひこばえ)

・樋叩く雨の切なさ嫁が萩

・風と話すやうに鞦韆一人揺る   *鞦韆(しゅうせん)

・囀りや背中の子供弾みたり

・動線のそこは処置室郁子の花    *郁子(むべ)

・牛の声遠くに聞いてげげ田道

090408371.jpg

関連記事

【】
蓮華の絨毯、大好きなのですが
最近はなかなか見る事がなくなりました。
こんな風景がなつかしいです^^
【】
ジャスミンさん~こんにちは。

ここ最近は気温もぐっと上がり初夏の日差しさえ感じます。
もぉ桜も散って、今は花ミズキが咲いてますね。
こちらでは田圃の方に足を向けますと
まだまだ蓮華草がけっこう見られます。
やはり田園風景は田舎を思いだし心も和みますね。
【】
今晩はhayatoさん。

いつしか季節は巡りてお花たちが勢ぞろいですね。
随分ご無沙汰してしまいました。

俳句・・・頑張ってはりますね。

私も駄句を一句
里言葉  飛び交うところに  さくら舞ふ(笑)

お元気そうで何よりデス。♬
【】
PoPoさん~こんにちは♪

俳句は今は日記みたいな感じで詠んでいます。
「多作多捨」で駄句ばかりですよ~。

・里言葉飛び交うところにさくら舞ふ

中八になってますので

>花散るや飛び交うところ里訛り

ではどうでしょうか~♪
この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。