2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山に咲いてた「蕗の薹(フキノトウ)」
天ぷらにすると美味しいのですが・・・と、食いしん坊の私です~♪
少し花が開いてきました~。
花が開いてから葉っぱが、大きく伸びた葉の茎の部分が食用の「フキ」です~。
薬用としてせき止めや健胃に効果がある漢方としても古くから使われています。

花言葉:待望、真実は一つ

*自選5句

・冴え返る波打ち際の人の影

・むべもなく尿まみれの犬ふぐり  *尿(いばり)

・指すくうざんばら髪や東風の昼

・梅の風祈願の絵馬を鳴らしをり

・笹の葉を冠として蕗の薹

0217701.jpg
関連記事

【】
フキノトウ、私は食したことがありません。
苦旨らしいですよね♪

この苦味は、身体にも優しい解毒作用があるそうです。
昔から食されているものには、奥深な意味があるんですね。
【】
こうめさん~おはようございます。

御惣菜で良く並んでますが
私もまだ口にしたことはありません~。
野に咲く植物は身体に良さそうですね。
先人たちの言い伝えに間違いはないと思いますね。
【】
・冴え返る波打ち際の人の影

こんな情景いいですね。
春になったと思って海に行ってみようと出かけた。
着いてみると海は冴え返っていた。
しかし、澄みきった海の色、風、地平線のすぐ上の空の淡い色に
満足しきった遠い人の影がいた。(勝手読みですみません。)

・むべもなく尿まみれの犬ふぐり  

この句はよちよち歩きの子犬を想像したら可愛いです。^^
【】
はなびさん~おはようございます。

「犬ふぐり」の件ありがとうございます。
入力間違いで確認を怠ったようです~。

いつも的確な句意をふんでいただいて嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

この記事へコメントする















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。