2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*自選10句・・10/21~10/31

・貨物列車ながながながの秋思かな

・手探りで頓服袋夜寒かな

・行く秋や測量技師の杭の数

・餓鬼大将みさかいもなく背戸の柿

・どんぐりの万有引力ささやきぬ

・粘り勝ちしたき散歩やオクラ喰う

・反り返る人などあらん薄原

・おほらかに嫁菜に落つる鳥の糞

・端々を駆けっこする子草紅葉

・破蓮や打たれないまま出たる杭

10122912.jpg

スポンサーサイト

華やかで
艶やかな
園芸種より
道端の
草花が好き

*秋の野草たちに群がる昆虫たちの声が聞こえるようですね~♪

*自選10句

・秋風と一緒にでんぐり返りの子

・肌寒し舗装剥がしてガス工事

・やや寒や鎖骨に水の溜まるほど

・多弁より無言が怖しぬくめ酒

・三猿になりたき妻のとろろ汁

・脱がされて観念したる衣被

・木犀の匂ひ静かな無住寺  *無住寺(むじゅうでら)

・観音のまなざし十月桜かな

・登下校列ぶ背高泡立草  *列ぶ(ならぶ)

・芒原髪七三の漢ゆく   *漢(おとこ)

10101332.jpg

秋の七草のひとつ「萩(ハギ)」です。
いつも公園のウオーキングで目にする花「ハギ」
いつか写真にと思いながら・・・いつも、そのまま。
もう花も少なくなってきたようです。

花言葉:思い、内気な恋

*自選10句

・秋澄むや天空を突く松葉針

・釣人や秋日かへして川手水

・日の暮るる築山すべて露葎 *葎(むぐら)

・青天へずいと稲田の風通す

・跳び出でよ地蔵の肩のいぼむしり *いぼむしり=かまきり

・掘り出した甘藷並びぬ児童館

・手のひらに万の皺寄す花野人 *皺(しわ)

・村中の孤立あらせむ荻の声 *荻(おぎ)

・板に付く借家暮らしや萩しだる

・曼珠沙華まだ目鼻なきこけしかな

120908611.jpg

今朝は晴天です。
「薮蘭(ヤブラン)」というのは、ヤブに生えて葉がランに似てるからとのこと・・。
ラン科かと思ってたら、ユリ科のようですね~。
それに山野や林に生えていますとのことですが~。
まあ気を付けてると、その辺でけっこう目にします"^_^"

花言葉:隠された心 

*自選10句

・秋の夜窓打つ雷雨せからしく

・新涼や眉毛に白きもの見つけ

・隅々に理屈を超えて鰯雲

・どうしても居座るつもり秋団扇

・三代を生きてしまって秋刀魚喰ふ

・乗り継ぎの駅ごとなりし虫時雨

・青くとも発句盛んに唐辛子

・藪蘭の添なふ石仏灯りかり

・葉芭蕉や富士より高き丘に佇ち

・保線車のラムプ点して犬子草      *犬子草(えのこぐさ)

090827302.jpg




この「クズ(葛)」も、秋の七草のひとつです。
散歩道の田んぼの草ぼうぼうの荒れ地で見つけました。
花言葉は、なんて素敵なんでしょう~"^_^"
秋の七草とは、ハギ・キキョウ・クズ・ナデシコ
オバナ(ススキ)・オミナエシ・フジバカマのことです~♪

花言葉:クズ・・成長、喜び

*自選10句

・秋暑し東屋の風けぶるよな

・ゆく夏や訓練受ける犬不動

・祭り笛鋭く吹かれ邑跳ねる  *邑(むら)

・鬼やんま追って家から遠ざかる

・翡翠や手に透かし見る江戸切子  *翡翠(かわせみ)

・トマト売る日向匂いの直売所

・ちゃんばらを鎮守の森の長十郎

・黄昏の我が身に映る烏瓜

・鶏頭や波のまにまに烏帽子岩

・同胞に会えないままに葛の花

090904331.jpg

野原や道端で、そっと顔を出してる「昼顔(ヒルガオ)」
花が昼に咲く(朝に開花し夕方にはしぼむ)からヒルガオなんだって・・・。
中には、朝寝坊のヒルガオも時々見かけますが、そおっとしときましょう~。

*自選10句

・梅雨籠くさや干さるる軒の下

・梅雨明けや眼あおあお独り占め

・七夕竹書く願ひごと真っ直ぐに

・一本の七夕竹を万灯に

・余生とは疎かできぬ黴の花

・山越えて嫁ぎし朝のソーダ水

・蛍池乱数表を拡げけり

・昼顔の囁きたてし野点かな

・仏桑花寺の大屋根葺き替える    *仏桑花(ぶっそうげ)

・なりふりを問われてもなお日日草

09052710112.jpg

今どこでも、1番目にする「昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)」
「月見草」名前も風流でいいですね~。
花色は白から薄いピンク色で可愛くて、シベも面白い形をしてます。
マツヨイグサの仲間で、夕暮れの開花を楽しむ「ツキミソウ」や
日の光りを浴びて開く「モモイロヒルザキツキミソウ」があります。

花言葉:自由な心、無言の恋、新しい恋人

*自選10句

・若葉冷町の小さき写真館

・大仏や膝に日を溜む五月晴

・一湾の夏日をまはす観覧車

・げじげしや万有引力知らぬげに

・雨蛙分母分子の数遊び

・葱坊主九九習いたる爺と子と

・花嫁に見せてはならぬ蛇苺

・鴨足草バーテンダーの友に会ふ   *鴨足草(ゆきのした)

・げんのしをうこ経営不振の惣菜屋

・虫追いの子供の帰る月見草

12051981.jpg


先日ですが・・・
お寺の草を刈り込んだとこに、しっかりと「庭石菖(ニワゼキショウ)」が咲いてました。
白や紫の小さな可愛い花たちが笑ってるようです~♪。
風に揺れながら、気持ち良さそう・・・。
広い野原や空き地に楽しそうな「仲良しこよし」の草花たちです。

花言葉:繁栄、豊かな感情

*自選10句

・新緑の里手繰り寄す車椅子

・早朝の出窓全開ジャスミン香

・敷藁をトマトの苗にふうわりと

・卯の花や嵩の増したる用水路

・寂光の射す山寺や海芋咲く   *海芋(かいう)

・更衣するも面倒この歳ぞ

・寄り合いの煮物料理やすいも草   *すいも草=花かたばみ

・翁とは朽ちゆくものよ白牡丹

・肩書は痴人でよろし心太

・境内の箒目正し庭石菖

0517191.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。