2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花も野端や土手などに咲き誇ってます~♪
つぼみと一緒に咲いてた「彼岸花、曼珠沙華」
お彼岸のころに咲くマンジュシャゲは、一般には好まれないと聞きますが・・
花の色や形は、鮮やかで素晴らしい自然の芸術品ですね~"^_^"
これから、更に咲き揃うのでしょうね。

花言葉:情熱、悲しい思い出、再会

蝶の
あやとりしてる
彼岸花
いくえにも絡まる
人の世みたい

*自選10句

・長き夜や奥の細道読み始む

・秋声や虚子の句集の途中まで

・一心に梢の月を見つめけり

・船影はいわし漁かな駅舎越し

・かりがねやかしわ手ふたつ木霊する

・重力に逆らい起こる芋の露

・たおやかに恋の芽生えの新松子

・冬瓜や久しき友の果つる貌

・刈り終へや田面を染める曼珠沙華

・傍らに犬の尿せる草虱 *尿(しと)

12092871.jpg

スポンサーサイト

お盆の花として知られてる「ミソハギ」
別名を、ボンバナ(盆花)、精霊花といい旧盆のころに美しい花を咲かせます。

人間は悲しみも
楽しさに変えられる
楽天家である
だから深い悲しみに出会うと
涙を流す

花言葉:悲哀、純情な愛情

*自選10句

・大西日朽ちゆくのみの大樹かな

・突き抜ける玻璃ひとすじの晩夏光 *玻璃(はり)

・終戦忌南瓜煮込めば味がでる

・盆提灯去りゆく年の匂い嗅ぐ

・蝉鳴くや洗い清める墓の石

・草原の露蹴散らして飛蝗跳ぶ *飛蝗(ばった)

・少女もつ青鬼灯の薄化粧

・精霊花今年もここに咲きにけり  *盆花のこと

・爪紅やままごと終えて大人ぶる *爪紅(つまべに)

・灸花勝手知りたるつぼを押す *灸花(やいとばな)

10070862.jpg

今日も朝から暑いですね。
昨日ですが・・早起きは三文の徳
ハス畑の朝は早い。
日の出とともに花開く朝日を浴びたハスが美しいでした。
早起きの蓮たちの素敵な顔を・・・。
「極楽の花」とも言われてるんですね。

別名:ハチス(蜂巣)
花ことば:神聖

*自選10句

・熱帯夜味噌漬けにした骸かな

・日輪に背を打たれつつ田草取

・草いきれ余生の吐息聞こえるか

・胡瓜もむごとく歩道の点字板

・喰われたる金魚すくいの最中網

・蠅たかる牛の乳房の豊かなる

・浜なすや日々の暮らしの無頓着

・あけぼのの母の声聴く蓮の花

・欲情の飢餓状態を百日紅

・おもだかや食べる仕草も襲名す

09077161.jpg



今朝は曇り空ですが、雨は降らないとのこと~♪
先日ですが、見つけましたよ。「時計草(トケイソウ)」
それもフェンスに絡まって、さも「掛け時計」のように・・・・・。
異様な色に、最初は飾り物かな~と、通り過ぎたんですが・・
引き返して、よく見たらなんと「時計草(トケイソウ)」でした。
良く見ると、やはり時計の文字盤に似た花を咲かせていますね~。

花言葉:宗教、信仰する

*自選10句

・木の下の闇の鼓動に小躍りす

・どこまでも鉄路の伸びて雲の峰

・さうめんを易者のごとく湯に浸す

・なめくぢは一番風呂の先客に

・時計草ぜんまい仕掛け分解す

・物干しの百の雨粒花擬宝珠   *擬宝珠(ぎぼし)

・文字摺の紅の映えたる六地蔵

・花南天けふは寡黙のままでいる

・花合歓やほつるるままに化粧筆

・吸引の痰のつまりを花柘榴

110615541.jpg

朝の出かけの公園の、せせらぎの脇に
「美容柳(ビヨウヤナギ)」が咲いてきた。
美女柳、未央柳(ビョウヤナギ)とも呼びます。
よくこんなに多数のシベの形を整えているもんだと思う。
キンシバイの仲間なんだって・・・。
そう言われるとシベはこちらの方が立派ですが、色や形など似てますね~。

花言葉:多感、幸い

*自選10句

・通院に電柱いくつ片かげり

・海の朝レモン水めく涼しげに

・長梅雨や歳時記めくる数知れず

・捨苗のかくも畦川根付きけり

・行商の腰に巾着大団扇

・一手打つ度に扇子をひるがへす

・餡蜜や終ひは餡で腹括る *餡蜜(あんみつ)

・バス待ちの女子高生や行々子

・美容柳鍼灸院の道しるべ *鍼灸院(しんきゅういん)
  
・駆け下りる浦の霊園海紅豆 *海紅豆(かいこうず)

090602822.jpg
 

雨あしと
駆けっこしながら
足は
紫陽花の咲く
辺へと進む

今年は雨が少ないですね~。

*自選10句

・狭庭に夜半の物音走り梅雨

・折り畳む椅子に火宅の大夕焼

・解け初める白富士見へて袋掛

・田植機の運行パズルを解くごとく

・麦の秋隊列そろう音楽隊
 
・麦笛や鼈甲飴の靑き味       *鼈甲(べっこう)

・めまとひや花眼日増しに衰へり   *花眼(かがん)

・よひらてふ一村丸ごと天平に    *四葩(よひら)

・蛍袋くねる峠を会釈せり

・栗の花蛇口全開する子らぞ

0906093911.jpg

今日も晴れて汗ばむぐらいの一日になりそうです。
可愛い「鈴蘭(スズラン)」が咲きました~♪
写真は、先日撮ったものです。
小さな釣鐘みたいな花をいくつもぶら下げて・・・・
大きな葉っぱに隠れて恥かしそうに
咲いてる可憐な姿は、花言葉ピッタリです~"^_^"

別名 :キミカゲソウ(君影草)
花言葉:幸せの再来、純潔

*自選10句

・悪餓鬼の五人揃って鯉のぼり

・石楠花や微笑むばかり観音像

・菖蒲湯に意地張り沈む禿頭

・鉢の位置あれこれ変へて立夏かな
 
・門柱に表札ふたつさくらんぼ

・覆すことも摂理や柿若葉
 
・キャンパスの五月は色の濃さを増す

・雨垂れはいつも古里鳴子百合

・青春のごとく筍皮をむく

・鐘楼の鈴蘭響くごときなり

0904222911.jpg

今日も晴れて気持ちの良い一日になりそうです。
フェンスに絡まって咲いてた「道草(アケビ)の花」
生い茂った葉っぱの中に、ちょこんと小さな花を咲かせています~♪
よ~く見ないと気が付かないほど小さな小さな花です。
名前の由来は、パカッと口を開けた実の様子を表わした「開け実」から
付けられたのでは・・・とか(^^ゞ

花言葉:唯一の恋、才能

*自選10句

・すかんぽやいつも怒られ役の僕

・崩落の祠極める花苺  *祠(ほこら)

・東屋はペンキ塗り立て鳥帰る
 
・蝮草恨みつらみの愚痴をはく

・耕人の足のさばきを鴉真似

・肩の荷の抜け落ちさうな茅花かな

・チューリップ幼稚園児の列乱す
 
・がらがらの厠の小窓竹の秋

・花は葉にスマホばかりを勧めらる
 
・鐘の音道草の花に浸りけり  *道草(あけび)

110422291.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。